最新情報
2014年8月14日

機関紙「うかいだより」を発行しました(平成26年8月行事予定など掲載)。
掲載が遅くなりすみません。



PDFデータをこちらからダウンロードできます。


2014年7月3日

機関紙「うかいだより」を発行しました(平成26年7月行事予定など掲載)。



PDFデータをこちらからダウンロードできます。
目的
「宿泊型」と「通所型」の2通りの利用方法がありますが、目的は共通しています。

「宿泊型」:アパートや自宅で生活する事に不安のある方、自信の持てない方等が宿泊
「通所型」:家事や服薬、金銭管理、対人関係等に不安のある方が、アパートや自宅等から通所

一定期間プログラムに参加し、生活技術を習得できるよう訓練や助言を受けていただく場所です。
サービス内容
1. 施設内の設備の利用
必要に応じて設備を提供します。
「宿泊型」:居室(ベッド、エアコン、冷蔵庫など備付)、浴室、洗面所、交流室、訓練室など
「通所型」:交流室、訓練室など
2. 支援のためのサービスの提供や必要に応じた日常生活の助言
調理や掃除の方法、必要に応じて生活費の管理や服薬の管理、あるいは、公共機関(バスやATMなど)の利用などが出来るようサービスを提供したり、支援を行います。
3. 専門的な相談
各々に抱える精神的な悩みや、生活、福祉、医療などの相談に乗ります。
4. サービスなどに必要な手続きの助言や連絡などの支援
医療機関や行政機関、勤務先など必要に応じて各関係機関と連携し支援をします。
5. その他、必要に応じた支援
利用できる方
1. 精神に障がいがある方
2. 自立への意欲があり、ご家族等の協力が得られる方
「宿泊型」:3.共同生活ができる方
      4.当事業所のプログラムや、日中活動への参加が可能な方
      5.障害福祉サービス受給者証 『訓練等給付 宿泊型自立訓練』 を取得されている方
「通所型」:3.集団でのプログラム参加ができる方
      4.当事業所へ通所できる方
      5.障害福祉サービス受給者証 『訓練等給付 自立訓練(生活訓練)』 を取得されている方
利用期間
標準利用期間 2年
※上記を超える場合は市町村の判断で継続が決定されます。
利用料金
原則 訓練等給付費 宿泊型自立訓練または自立訓練(生活訓練)単位の1割負担
 ※個々の経済状況に伴う違い(生活保護世帯、非課税世帯は無料など)があります。

以下を別途いただきます。
「通所型」:調理等プログラムの参加費
「宿泊型」:保証金 20,000円
      居室料(ガス・水道代含む) 1人部屋 20,000円/月
                    2人部屋 15,000円/月
       ※食事、医療費、生活費は含まれません      
      電気代
      調理等プログラムの参加費
その他
「宿泊型」:食事は配食サービスまたは自炊となります。
居室1人部屋
居室2人部屋
食堂
キッチン
洗面所
浴室
談話室
訓練室
調理実習
目的
同じ悩みを持つ仲間と出会ったり、語り合ったり・・・ 
気軽に立ち寄れる「場所」や、様々な「活動の機会」を通して、充実した生活が送れるように支援します。
サービス内容
1. 憩いの場の利用
オープン時間内は、センターを憩いの場として開放します。
自分の来たいときに来て、帰りたいときに帰ることができます。食堂でTVを見たり、仲間と話をしたり・・・ 
ソファーでゆっくりなさってもOKです。
自分の過ごしたいように自由に過ごしていただけます。
2. 設備内容
センターの設備を低料金で利用できます。
・シャワー          1回 50円
・洗濯機、乾燥機 1回 100円
・コーヒー          1杯 50円
・パソコン(インターネット)利用 無料(平日のみ)
3. 各種プログラム活動(一部有料)
1人だとなかなか始めにくい調理や軽スポーツなど、仲間と一緒に楽しみながら行っています。必要な情報の提供や地域との交流行事を行い、充実した生活が送れるようなプログラムを計画しています。
利用できる方
精神科・神経科等の医療機関に通院している方
利用方法
申込み、登録が必要です。
登録料、利用料は無料です。
設備利用、プログラム参加は一部有料です。
開所時間
平日 午前7:30〜午後7:00
休日 午前9:00〜午後5:00
パン教室
外出
昼食会
茶道教室
談話室
指定相談支援事業所
目的
日常生活のささいな事から、福祉サービス、医療サービスなどの利用方法まで「気軽に相談できる場所」として、あるいは、支援計画作成などを行う「専門的な相談機関」として地域生活を支援します。
基本的な相談支援  ~お気軽にご相談下さい~
日常生活に関するささいな悩みから、「働きたい」「職場での人間関係がうまくいかない」といった就労に関する悩み、また精神保健福祉手帳や障害年金といった福祉制度に関する悩みの相談などに応じます。
当事業所への来所のほか電話、FAX、メール、訪問などで対応します。
また、ご本人やご家族だけでは解決しない問題については医療機関、行政機関、勤務先などと連携して支援します。
計画相談支援  ~支援計画の作成・見直しを行います~
1. 「サービス等利用計画」作成
ご本人の抱える課題の解決や、適切なサービス利用に向けて、きめ細かい支援を実現する為の計画を作成します。
2. 継続サービス利用支援
一定期間ごとに計画の見直しを行い、障害福祉サービス事業所などとの連絡調整や、サービス変更についての助言をします。
地域相談支援  ~退院や地域生活定着を目指して支援します~
1. 地域移行支援
住居を確保したり、自宅・アパート生活を実現する為の相談に応じます。また、障害福祉サービス事業所などへの同行を行います。
2. 地域定着支援
常時連絡がとれる体制(携帯電話等)を確保し、緊急の事態が発生した時に相談に応じたり、障害福祉サービス事業所などとの連絡調整を行います。
利用方法など
計画相談支援、地域相談支援については以下と異なりますので当事業所までお問い合わせ下さい。

1. 利用できる方
心の健康に不安をお持ちの方、または、そのご家族など身近な方
2. 利用方法
当事業所へお電話いただくか、直接お越し下さい。
3. 利用料金
利用料は無料です。
4. サービス提供時間(開所日時)
年中無休
平日 午前7:30〜午後7:00
休日 午前9:00〜午後5:00